岐阜県(瑞浪市)の健康工房 > NEWS > 11月のある日・・

11月のある日・・

ネットを見ていると・・・こんなニュースが。

 

11月14日の米国ロイター通信より

hypertension-us-140-1

 

2017年11月のある日、高血圧患者が突然「3000万人も増えた」アメリカ。「要治療」高血圧の基準が140から130に引き下げられ、患者数は1億人に!!!

 

アメリカの話ですが・・・

 

 

これはまたまたアカンやつでしょー!!!!

 

日本でも過去に同じことが何度も繰り返されていましたが、同じように一晩で患者数が1000万人増加しました。

 

薬が売り上げが頭打ちになるとどうするか・・・簡単です。患者数を増やせば売り上げが伸びます。でも基準を変えてしまえば・・・・あら不思議!!!

 

昨日まで病名がなかった人にも立派な病名をつけられます。

 

国民の約3ぶんの1が患者の状態です。

 

明らかにおかしい・・・

 

 

でも一方ではとても「いい薬」なんです!!!

 

それはこの薬を作り売る会社にとっては『とてつもなくいい薬』です。

 

 

日本でも血圧降下剤の売り上げは年間1兆円を軽く超えています。

 

この基準ってのは本当は誰のためのものなのか・・・

 

ちなみに日本では・・

1987年 高血圧の基準160

2004年 高血圧の基準140

2008年 高血圧の基準130

 

こんな感じに変わってきました。

 

 

必要な薬不必要な薬を見極めることも大切だと感じました。

 

 

 

 

naruse mituaki

投稿日:2017.12.09|カテゴリー:NEWS,雑記