足を彫刻!!!

足を揉むために欠かせない道具が幾つかあります。
健康工房のものは、一見原始的な拷問道具ばかりのようなものですが( ̄△ ̄)

料理人の包丁、力士にふんどし、スケート選手のスケート靴などなど、
足揉み師には棒なのです!

僕達も棒を長年使っていきます。
中には30年くらい前の棒もあります。

太さも様々ありますが、一番よく使う太棒が、最初はこんな感じです。

 

 

それが…

 

 

 

こうな感じに変わっていくのです~

 

棒の太さは僅かな違いで、肌への当たり方が大きく違います。そのため
太さをサンドペーパーで調整していきます。
そしてだんだん短く小さくなっていき、このような形に変化していきます。

お客さんの中にも、桐棒のカタチが変わってきた!なんてかたも聞こえてくると嬉しくなります!

もちろんローラーのカバーなんかも同じですね・・一年ぐらいすると薄くなってきて穴があきます。

 

何年も穴が開かない人は・・・・(笑)

 

さあ今日も自分の足を彫刻するつもりで足を揉みましょう!!!!

 

         なるせみつあき

 

投稿日:2013.11.01|カテゴリー:NEWS,雑記