岐阜県(瑞浪市)の健康工房 > NEWS > 多治見半端ないって!

多治見半端ないって!

yjimage-4

 

7月ににはいり西日本豪雨があったとおもえば、今度は猛暑日がつづいています。

おとなりの多治見市では38.7度まであがり日本一になってました〜〜〜

yjimage-5

 

 

 

瑞浪でも37度をこえていました。

 

お天気ニュースでは「こまめな水分補給をこころがけましょう」と毎回言っています。

それでも・・熱中症で運ばれる人が多いです。

 

子供の頃はよく「日射病」に気をつけなさいって言われていました。

記憶では熱中症って言葉は聞いたことがなかったです。

熱中症と日射病どうちがうの!?ってことで・・・

 

日射病・・・強い直射日光に長時間あたることでおこる病気。

 

熱中症・・・高温や多湿の環境下で起こる身体のの障害の総称

・汗をかいて脱水状態になり血管の拡張で血圧がさがり、めまい、失神などを起こす「熱失神」

・汗をかき水分や塩分の補給が追いつかず、脱水症状になった時に発生する「熱疲労」

・汗をかき塩分やミネラルが不足し筋肉のけいれんを起こす「熱けいれん」

・脱水状態になり体温調節機能が失われることでおこる「熱射病」

 

とゆうことは「日射病」の予防は直接日光に当たらない工夫をすること。

「熱中症」はこまめな水分補給と適度な自然塩が有効です。

 

まあここまでは一般的な話ですが・・

ここから本題です!笑

足に老廃物が多い人は「頭熱足寒」になっています。

足揉みをしていくと「頭寒足熱」になっていきます。

 

熱中症は身体がオーバーヒートをおこしている状態です。ちょうどパソコン熱を持ちすぎて機能しない状態です。

頭に熱があり逃がす力がない人が熱中症になります。

足揉みをはじめるとだんだんと汗がかけるようになってきます。

あと親指の固い方も頭の血流がわるく熱が逃げにくいので、体温調節機能に異常がきやすくなります。

足揉みをしてお白湯をガバッと飲んでいけば1番良い熱中症対策になります!!

 

 

足揉みをして異常に暑い夏をのりこえましょう!!!!

 

 

 

naruse mituaki

 

投稿日:2018.07.15|カテゴリー:NEWS,雑記