岐阜県(瑞浪市)の健康工房 > NEWS > またまた出ました!!

またまた出ました!!

牛乳有害説に農林議員困惑 正確な情報発信求める
日本農業新聞 10月31日(金)12時18分配信

 「牛乳の飲み過ぎが健康に悪い」とするスウェーデンの研究結果に対し、自民党農林議員が困惑している。研究チーム自らが「偶然の可能性も排除できない」としているにもかかわらず、インターネットなどで大きく報じられたため。過去にも「牛乳は有害」という誤った情報が流布され、消費の減少につながったことがあり、「正確な情報を発信すべきだ」との声が上がる。

 問題の「牛乳有害説」は29日付の英医学誌に掲載された調査結果。スウェーデンの研究チームによる同国人の調査で「牛乳摂取量の多い人は、少ない人と比べて寿命が短く、女性では骨折が増える」との結果が示されたという。AFP通信などが伝え、日本ではヤフーをはじめとするインターネットのニュースサイトが大きく取り上げた。

 ただ同通信によると、この結果は「牛乳を1日に3杯以上飲む人」という、やや極端な例。また当の研究チーム自体が、牛乳の摂取量と死亡率や骨折との関連性については「偶然の可能性も排除できない」としているという。

 消費者に誤解を与えかねないこうした情報に対し、30日の自民党畜産・酪農対策小委員会でも懸念の声が上がった。

 江藤拓前農水副大臣は「生産者に迷惑をかける」と指摘。かつても日本の著名な医師が牛乳有害説を唱え、牛乳の消費に悪影響を与えた経緯を踏まえ、農水省に「何か反論はできないか」と正確な情報を発信するよう求めた。

牛乳有害説は記事にあるように以前からあります。

しかしまだまだ牛乳を飲めば健康になる!!と信じて疑わない方がたくさんおります。

 牛乳=悪 ではありませんが、どうやら色々問題点はあるようですね・・・

 

自分自身は小学生のころは一日三杯ほどは飲んでいた時期があります(汗)

それこそ背が伸びるだとか、骨や歯を強くすると言われていました。

今思えばそれがアレルギーの引き金!?なんておもったりしますが・・わかりません。

 

 

この手のニュースを聞いて・・・・

いろいろ判断材料はありますが、乳糖を分解する酵素(ラクターゼ)がほとんどのアジア人やアフリカ人にはないことも要因のようです。

 

あと哺乳動物は消化機能の発達に伴って必ず離乳期を迎え、本来の食性に向かうものです。

親が食べる物と同じ物を食べるようになるのが本来の姿かもしれないです。

 

「 牛乳を飲むと必ず下痢してしまう」って方は健康工房 でも何人かみえます。

 もちろん「どうってことないよ」って方もたくさんみえます。

 体質も様々です・・・

 

 

今でも家では牛乳は飲みますが・・・

 今の時代牛乳以外の食品で十分栄養は賄えます。

そう思うとカラダに合わないリスクが高い食品を積極的にとる必要もないようにおもいます。

 

みなさんも一度見直してみると良いのではないでしょうか。

 

 naruse mituaki

 

 

 

 

投稿日:2014.11.09|カテゴリー:NEWS,雑記