岐阜県(瑞浪市)の健康工房 > NEWS > 解熱鎮痛剤ロキソニン

解熱鎮痛剤ロキソニン

最近歯医者に通っています。

 

日頃の歯の手入れの悪さから虫歯になってしまいました。

歯磨きも足揉みと同じく毎日の手入れが大切です(汗)

 

その日は奥歯の神経を抜く予定だったので憂鬱でした。

案の定想像以上に抜けなくて半分涙目でした・・・

 

当然痛み止めと抗生物質が処方されます。まず飲みませんが。。

 

痛み止めはロキソニン・・最近ニュースになっていたお薬です。

このお薬は本当にたくさんの人が常用しています。頭痛・生理痛・関節痛など・・・

ロキソニンの働きは、例えば・・・今回歯を抜いたとき顎が炎症をおこし、腫れ上がります。この「炎症」が起きた時に「痛み物質」が大量にほうしつされ、これが脳に届くと痛みを感じるようです。ロキソニンはこの「痛み物質」の発生を押さえる働きをして痛みを止めています。

痛みを止める効果は高いのですが、やはり常用するのは疑問です。

手軽に手に入るし、効き目も早いので頭痛のかたはお菓子を食べるように飲んでしまいます。

 しかしこれでは治らないのです!!!

今回ニュースでは小腸・大腸の狭窄・閉塞ということが重大な副作用に追加されましたが、

以前から消化器への副作用は有名でした。

 

手術などの後の一時的な使用はわかりますが、誤摩化しつづけるのは今話題のショーンKを思い出します。学歴も身体も心も誤摩化さずにいきたいものです・・。

そのためには・・やはり足を毎日コツコツ揉む事です!!!!

 

 

naruse mituaki

 

投稿日:2016.04.04|カテゴリー:NEWS,雑記